稽古

夕方稽古時間月曜日金曜日)の他、火曜日、木曜日、土曜日は、午前中でも稽古可能です。

稽古の流れ

すべての稽古意識、呼吸、姿勢訓練から成り立つ15~20分程度運動瞑想から入ります。簡単受身トレーニングを行った後、当道場では一切曲芸的要素排除した合気道の技を二人ずつで練習します。経験者のための稽古では、これに乱取りが加わります。

すべての訓練目標は、困難状況直面したときでも常に平常心が保て、ゆとりと落ち着きをもって対応できるようになることです。

慌てず、地道

基礎稽古のリズムはゆっくりとしたものです。個別の技をひとつひとつじっくりと理解し、正確練習していただけるよう、十分時間をとります。

ひとりひとりのリズムに合わせて

トレーニングを特別に静かに行うことにより、集中力を高め、ひとりひとりに合った独自学習リズムで技を体得できます。