ロースマリー・シャイブラー

合気道指導員

私は、2010年から当道場にて指導を行っています。現在は、火曜日木曜日夕稽古担当しています。  

1981年にアイフェル地方に生まれ、メミンゲンで育ち、1999年にケルンに引っ越し、ここで高校卒業しました。その後、5年間音楽家(ピアノ、キーボード、アコーディオン)として活動する傍ら、音響技師としての職業訓練修了しました。10年以上、ピアノ教師としてアルバイトも続けました。

ケルンで数年間功夫稽古を行った後、2002年にディルク・クロップ先生合気道道場紹介されました。最初直感的感激はさらに深まり、稽古内容はますます私に良い影響を与えていきました。2005年、5年間にわたる合気道指導員養成講座参加する決意をいたしました。

思い返してみると、この期間、厳しく規定された枠組の中で、自分のすべての感覚と力を持って、ディルク・クロップ先生の支えを受けながらこの道を究めるという望みがかなえられていました。この何ものにも代え難い集中した5年間経験は、私に多大影響を与えました。2010年、養成講座最後に1カ月間東京旅行し、合気会本部道場植芝守央師範の元で毎日稽古を行いました。 

2児の母としての日々の生活と共に、合気道生業にすることは、簡単なことではありません。しかし、特に稽古コースにおける深い内容伝達と、私にとって合気道意味するもの ―  考え抜かれた護身とその際の多面的な動き、そして接触時平然と開かれた態度注意深稽古 ― が私にやる気を与えます。

 

ロースマリー・シャイブラー 宛のメールはこちらへ