ミヒャエル‧シュローデン

合気道師範への修行中の身にて

1975年、アイフェル 地方ゲロールシュタイン 生まれ。16歳のとき、ケルンへ移り、大手電話会社職業訓練開始、さまざまなステーションを経て、現在キーアカウントマネージャー。

15歳より空手を始め、ケルンへ越した後、数年キックボクシングと伝統詠春拳のトレーニングをする。2006年、ディルク‧クロップ 流合気道紹介したパンフレットに出会いインスピレーションを得、初回下稽古に至り、以来ディルク‧クロップ の道場稽古をする。

数年に及び、合気道師範になる志をいだき、実現する決意をする。家族、修行、職業をこなすことを今後の大きな課題とする。

私にとって、合気道魅力は、健康や、心身の両レベルでの永続的奥深進展顧慮しながら、高齢になっても練習が続けられることです。稽古では、雑念を取り去り、より良くあろうと焦ることなく自分だけの経験をし、それにより、技と感得を深く経験的に、マイペースで改良するための特別な静けさが与えられます。武道のオールラウンドな効果に魅せられ、この道をインテンシブに歩み、5年に亘る修行の後、自らの経験をお伝えする、これが私の望みです。