calendar dojo facebook instagram language vimeo

新道場: 教会改築

今夏、私たちの道場はケルン・オッセンドルフ地区ロフス通り(Köln-Ossendorf, Rochusstraße)216番地にある世俗三位一体教会(ドライファルティヒカイツキルヘ)に移ります。

建築的伝統および精神的伝統への敬意考慮し、建築家パウル・ベーム氏に依頼することにしました。いたわるように、また深慮にもとづき介入をごく僅かに留め、既存建築をゆっくりと、しかし確実でとてもきれいな道場改造します。

はじめに

「ケルンのオッセンドルフ地区にある元三位一体教会静寂平和の場として維持、修繕し、一般にその大部分公開したいという願いから、ケルン・ビケンドルフ福音派教区とディルク・クロップは以下賃貸契約締結しました。」

2019年秋日曜の朝、私は祝賀的宣言としてこの一文を書きました。この一文一般社会および公益奉仕すべき修練の場をここに作り出すという、私のビジョンの表現です。

ビジョン

私のビジョンは過去にルーツがあると同時に、今・此処にも根付いています。私は若い頃から母の癒えることがなかった戦争悪夢から深く感銘を受けていたため、平和安定を少しでも世界にもたらしたいという深い願望を持ってきました。私は早くから格闘技である合気道平和への道として継続開発していました。

元貨物自動車車庫だった現在道場は、年を経るにつれて何千時間にも及ぶ修行を経て、この格闘技の考え方が長い間平和への道として生活にすでに反映し、明瞭足跡を残した一つの場になりました。ここでは健全に動き、自身他者とが接触し続け、静寂の中で日常から離れ、おそらくは日常生活も含めて内省し、よりリラックスすることに導く一つの空間です。すでに何十年内省の場であった際立って質素なかつての教会で、この作業継続できる機会は、私をとても深く動機付けました。

私たちの街区、私たちの都市のため

シベリア産カラマツ製の扉(写真ページの左中段)を取り入れる予定です。

オッセンドルフの格別教会建築現状維持します。これこそ都市景観観点からも、この街区特長であるためです。私たちの合気道道場移転によってこの教会解体を免れました。建築家パウル・ベーム氏が本質的現状のままの空間に、新たな個性的性格を与えます。環状道路沿いの土地は再び活気が出て、今後利用によっても人が通えるよき場として残るでしょう。

日常練習以外にも、この道場は週に二三時間、隣人好奇心のあるビジター、静寂を求める方々のために開く予定です。道場空気を嗅ぎ、見たり瞑想したり、一人になるためにどうぞいらしてください。

石の積み上げ

持久力は遅かれ早かれ報われるが、たいていの場合は遅く報われる」(ヴィルヘルム・ブッシュ )

私は二年間にわたって、このプロジェクトを進めています: アイデアを育て、聖職者提案して交渉し、計画する、反対提案を受け入れ、棄却し、新に継続的計画し、説明し、耳を傾け、常時金銭注意してきました。無数専門家現場に立ち合いました。私は多くのことを学びました。新道場へのわくわくした気持ちは(ほぼ)退いていません。改築は、非常慎重に始まりました。

日本語の「道場」は「道の場」です。道場本質的開放感のある広い大きな空の空間であり、新道場では上に向かっても空間が高く広がり、目に見えるかたちで、身体および精神の動きのための場を生み出します。物だらけでさまざまな物事に囲まれた我々の密な日常生活の中で一つの贅沢がここにあります。

禅の美学から発想を得た道場質素調和的構成されています。道場には、全ての物事、まさしく日常性質素さ、実用的物事こそ価値があり、美しくありうるという精神的性向基盤にあります。こうした還元理想のためには格別細心注意を施す計画要求されます。窓、扉の一つ一つといった個別要素大切なのです。さらにすぐに見えない物も感じ取ることができます

開場時間

Rochusstraße 216, 50827 Köln-Ossendorf

土曜日午前11時から午後1時
共同作業: 通路の掃き掃除、庭作業、建設現場整理整頓と掃き掃除。

チャレンジ

教区と私は世襲財産賃貸借契約に似た賃貸借契約締結しました。すなわち: 非常長期契約期間、僅少家賃、合気道必要なほぼ全ての権限可能性行使から成ります。

このプロジェクトはその規模選択肢の点で、現段階私一人の力では無理なことでした。これまでの精力的かつ資金的援助に対して限りなく感謝しております。庭の施設入口近辺手入れ、建設現場段取りと整理整頓を助けていただいている修行者近隣の方々の現場での無数作業時間。これに加え、2020年8月以来寄付金、補助金、前払会費として118.154,92ユーロを頂きました。

私のことをご存じの方であれば、私の計画が飽き足らないなものではないことをご存じです。それでも現場での作業財力といったまだ多くの援助必要です。

会費前払いと後援

私本人直接連絡してただければ幸甚に存じます: 0151 6166 3219 または メールにてご連絡いただけます。

補助金の取り扱いに関して

補助金責任ある透過的な取り扱いが肝要であると認識しております。詳しい情報をご希望であれば、随時私にお問い合わせください。喜んで胸襟を開き詳しい情報をご提供させていただきます。

企業

この場を借りてすでに作業を行っていただいたあるいは間もなく作業開始していただく企業をご紹介します:

Architekturbüro Paul Böhm,
Holger Reif, Ekoplan,
Ertl-Tragwerk,
Markus Breuer Elektrotechnik,
Stuckgeschäft Daniel Diebke,
Euler-Bedachungen,
Tischlerei Heinrich Müller,
Gerüstbau Christian Eggert,
Jens Peter Reichert, PR Licht,
Theod. Mahr Söhne, Kirchenheizung,
Lindholm, Denkmalpflege,
Josef Frings, Sanitär-Heizung,
KWB-Holzheizungen,
Mario Krech, MK Bau,
Hahn-Lamellen,
Fußbodentechnik Schmitz,
Schlosserei Franke,
Laudon,
Giovanni Noé, Rohrreinigung,
N. Barsuhn, Versetzen von Schwergut​​​​​​​,

PR

竣工までの情報をペトラロイフルトさんと私がご提供します: ニュースレターアーカイブ。

インタビュー: ウルリケ・ヒルブリックとゲオルグ・カノネンベルク、ビッケンドルフ福音派教区教区レターに掲載

ケルン都市広告新聞掲載されたヘリベルト・レスゲン氏による記事

Article by Angelika Stahl in the Kölner Wochenspiegel.